大人ニキビ

大人ニキビの原因は肌の乾燥

十代の思春期のニキビと違い、大人のニキビは洗いっぱなしは厳禁です。洗顔は重要ですがそのまま放っておくと乾燥し、肌表面を保護するために皮脂を分泌します。

 

毛穴が詰まりやすくなりニキビができるという悪循環を繰り返すことになってしまいます。そうならないために、洗顔をしたら化粧水で保湿しましょう。その際、コットンを使ったりパッティングする人がいますが、どちらも肌に余計な刺激となります。パッティングのしすぎは赤ら顔の原因になるとも言われています。化粧水をつけるときは手のひらを使い、優しくなじませるようにします。一度に大量につけるのではなく、少量づつ、肌の様子を見ながらつけるようにしましょう。

 

 

ニキビを予防するために、日常生活にも気を付けることがあります。まずはストレスです。強いストレスを感じると男性ホルモンが分泌されます。男性ホルモンは皮脂の分泌を促すと同時に肌を固くする性質も持っていますので、毛穴が詰まりやすくなります。ストレスを感じずに生活することは難しいですが、趣味やスポーツなどでうまく解消するようにしてみてください。ニキビ角栓

 

 

また睡眠不足にならないように気をつけましょう。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、日中にダメージを受けた肌の修復を行ってくれます。睡眠不足はお肌の敵と言われるゆえんです。成長ホルモンが分泌されるのは深い眠りに入っているときですので、日付がわかる前にはベッドに入るようにしてください。そして深く眠るためにも、就寝の一時間前にはスマホやパソコン、テレビを見ることを止めるようにしましょう。

 

 

食事に関しては脂っこい食べ物や、ジャンクフードや加工食品は避けるようにします。ビタミンA、B群、C、Eを摂れるような食事をしましょう。

 

運動不足は新陳代謝を悪くして、肌のターンオーバーを乱れさせます。激しすぎる運動はかえってストレスになったりしますので、ウォーキングやストレッチなど適度な運動を習慣にし、全身の血行をよくしましょう。

椎間板ヘルニア