偏頭痛

肩こりに関する知識を深めよう

肩こりに悩まされている方は大勢いらっしゃるのではないかと思います。パソコンやスマートフォンの普及等、現代社会での生活は肩こりになりやすい環境と言えます。かくいう私も肩こりにはかなり悩まされています。

 

肩こりは軽度のものなら肩の痛みだけで済みますが、重度のものになると頭痛や吐き気を催すことまであります。そんな悩ましい肩こりを解消するにはどうすればよいのでしょうか。

 

一人でも肩こりを解消する方法として、肩のストレッチがあります。手で肩を直接ほぐすのもいいですが、肩甲骨を中心に大きく肩を回すとだいぶ楽になります。デスクワーク等で肩がこったな、と思ったらやってみてください。
また、首を回すのも効果的です。簡単なことですが、やらないのとやったのとでは明らかに違います。

 

 

肩こりを予防することも重要です。最初に現代社会は肩こりを起こしやすい環境だと書きましたが、なるべくパソコンやスマートフォンを利用する時間を減らして肩こりを防ぎましょう。

 

また、運動をすることでも肩こりを予防することができます。同じ姿勢でいると肩の筋肉に負荷がかかり、筋肉が緊張することで肩こりが引き起こされます。運動は筋肉の緊張をほぐすことができるので、肩こり予防に効果的です。

 

とはいえ、それが出来ないという方もいることでしょう。さらに、日本人は欧米の人と比べ肩こりになりやすいのだそうで、肩こりを確実に防ぐことは難しいです。

 

だからといって悲観することはありません。肩こりとうまく共生していけばいいのです。そのためには、先に書いたように肩のストレッチであったり、市販の薬であったり、ヨガをやってみるのもいいでしょう。肩こりに悩まされている人が多いということは、それだけ肩こりや首の痛みを予防・対策しようとする人が多いということを意味します。

 

その結果、現代には多くの肩こり解消法や市販薬があるのです。ですから、肩こりを無闇に恐れることはなく、肩こりに関する知識を深め、予防法あるいは対策法を身につけていきましょう。

椎間板ヘルニア