蓄膿症

息子のアレルギー性鼻炎の思い出

息子はアレルギーで鼻水が始終出ています。
いつもは水っぽいのだけども、たまに色のついたねばい鼻が出ます。
アレルギーのお薬を飲んだりしてもなかなか治らない。

 

 

普段は小児科に行きますが耳鼻科に行ってみました。
「副鼻腔炎ですね」と言われました。
レントゲンを撮ったら1発で判明しました。

 

鼻の横に副鼻という空間があるそうなのですが、そこが白くなっていて膿がたまっているとのこと。

 

それから毎日耳鼻科通いです。
お薬も抗生剤でお腹の具合が良くないです。
治ったかの診断もレントゲンです。

 

 

そして、一度副鼻腔炎になると何度も繰り返すようになるようです。蓄膿症臭い
だんだん、副鼻腔炎になったなという自覚症状も分かってくるみたいで、
「鼻が変な匂いがする」とか「ほっぺたが痛い」と訴えて病院へ行くと大概が副鼻腔炎です。

 

 

いつもお世話になっていた耳鼻科は大人気でなかなか予約が取りづらく診察の順番待ちも長時間で、先生は厳しく痛いのは我慢しろ!という方針だったので子どもも(私も)嫌になっていました。
そこより少し遠くなってしまうのだけど、優しいと評判の耳鼻科を友達に教えてもらいました。

 

 

次の耳鼻科の先生は本当に優しくて、子どもが少しでも怖がっているような顔をすると一旦手を止めて、優しく説明して下さり、使う器具もなるべく痛くないようにと赤ちゃん用の細いものにして下さいます。
レントゲン撮影も初めの診察の時はしましたが、
あまりレントゲンを何度も撮るのも嫌でしょうと、患者が撮って欲しいときだけにして下さいます。

 

 

副鼻腔炎の治療も、絶対に抗生剤を使うのではなくて、
これくらいなら点鼻薬だけで大丈夫ですよ…と、薬も最小限にして下さいます。

 

今でも長男はアレルギー性鼻炎で鼻水はしょっちゅう出ていますが、めったに副鼻腔炎にならなくなりました。

 

時々、自分自身も風邪をひいたとき治りきらずに鼻が長く残ってしまうと、変な匂いがしたり頬がだるい感じになります。
あ副鼻腔炎ってこんな感じだったんだなぁと…。
頭もぼうっとします

椎間板ヘルニア